確定拠出年金制度のしくみ

確定拠出年金には事業主(企業)が導入する企業型と個人が任意で加入する個人型の2種類があります。

企業型

厚生年金保険の適用事業所である事業主(企業)が実施する確定拠出年金制度のことをいいます。
加入者の手続きの窓口となるのが運営管理機関、年金資産を保全するのが資産管理機関です。

確定拠出年金制度のしくみ-企業型

個人型

国民年金基金連合会が主体となって実施する確定拠出年金制度のことです。個人が任意で加入し、拠出限度額の範囲内で任意で設定できます。(企業型加入者については、規約に定めた場合に限る。)
加入者の手続きの窓口となるのが運営管理機関、年金資産を保全するのが事務委託先金融機関です。

確定拠出年金制度のしくみ-個人型