ごあいさつ

確定拠出年金制度を支える、
最高品質のサービスをご提供します。

日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社 代表取締役社長 日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社 代表取締役社長 前嶋 哲雄

日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社は、確定拠出年金制度における記録関連業務(レコード・キーピング業務)を主要業務として1999年12月に設立されました。
現在、三菱系金融4社・三井住友系金融4社・住友生命・大和証券グループ本社・日本生命の11社を中心に、金融機関や事業会社など合計73社の資本参加を頂いております。

確定拠出年金制度は2001年10月の制度開始以降、加入者数は着実に増加しています。企業型制度においては、従来型の給付建て退職給付制度からの移行や、社員の自助努力を促す福利厚生制度としての導入が進んでいます。また個人型制度(iDeCo)は、2017年1月から施行された法改正により60歳未満の国民は基本的に誰でも加入することができるようになり、制度普及の裾野が大きく広がりました。公的年金の補完あるいは老後の生活資金確保という観点から確定拠出年金制度への社会的要請は、今後も益々高まるものと考えられます。

このような環境の下、当社は創業以来、確定拠出年金制度の基盤を支えるレコード・キーパーとして、ご加入者、事業主様および関連機関の皆様にご信頼いただけるよう、安全・正確かつ最高品質のサービスを提供すべく事業を進めてまいりました。

当社はこれからも記録関連業務を通して確定拠出年金制度に対する変化や社会的ニーズに応え、制度を支える基盤サービスを通じて、国民の生活の安定と福祉の向上、また制度の発展に資するべく全力を尽くす所存でございます。

何卒、当社のご利用をよろしくお願い申し上げます。