Webサービスご利用にあたって加入者資格を喪失された皆様
ホーム > 重要なお知らせ > 確定拠出年金法の改正(2014年1月1日施行)について

重要なお知らせ

確定拠出年金法の改正(2014年1月1日施行)について

2011年に年金確保支援法が成立したことに伴い、2014年1月1日より、確定拠出年金法が一部改正となりました。

1.脱退一時金の支給要件の緩和

企業型年金加入者であった方が当該資格喪失後に、企業型年金運用指図者または個人型年金加入者とならず、個人型年金に移換し、個人型年金運用指図者として2年以上継続した場合、一定の要件を満たせば、脱退一時金の支給を請求することが可能となりました。


  詳しくは脱退一時金を受け取るをご覧ください。


2.企業型年金加入者資格喪失年齢の引上げ

確定拠出年金企業型年金規約に定めることにより、現行は一律60歳となっている企業型年金加入者資格喪失年齢を65歳以下の一定年齢まで引上げることが可能となりました。