Webサービスご利用にあたって加入者資格を喪失された皆様
ホーム > 過去のお知らせ > 沖縄事務センターの開設について

過去のお知らせ

沖縄事務センターの開設について

~2事務センター化によるBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)強化~

 日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社(代表取締役社長 内藤 知)(※)は、2012年4月に沖縄事務センターを開設し、同年6月より同センターでの事務をスタートいたします。

これにより沖縄・東京の2事務センターとなり、首都圏直下地震等に対するBCPの徹底・強化をはかります。
昨年の沖縄コールセンター開設と同様、IT特区としての産業誘致政策や安定的な電力環境や地震・津波の懸念が少ないといった立地条件を考慮し、沖縄で開設することといたしました。

沖縄での事務センター開設によって次のような利点が発揮されます。

① 事務管理部(現事業推進部)の拠点を東京より沖縄に移転することにより、首都圏直下型地震等に対するBCPが徹底・強化される。
② 沖縄・東京両センターで業務実施することにより、広域災害発生時でも事業継続できる体制がとれる。

(※)
日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社は、確定拠出年金制度における記録関連業務(レコード・キーピング業務)を主要業務として1999年12月に設立されました。現在、中心となる三菱系金融4社・三井住友系金融3社・住友系金融2社・大和証券グループ本社・日本生命の11社に加え、琉球銀行等の金融機関や事業会社など合計73社の資本参加を頂いております。
確定拠出年金制度の加入者等数は、2001年10月の制度スタートより着実に増加し、2011年9月には制度全体で450万人を超えております。その中で弊社は、加入者等数は約221万人とシェアの約半分を占める業界最大手となっております。

 

<本件に関するお問い合わせ>
日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社
経営企画部 國 房・岩 佐  
TEL(03)3216-6035