Webサービスご利用にあたって加入者資格を喪失された皆様
ホーム > 過去のお知らせ > 当社受託「加入者等数」が150万人を突破しました

お知らせ

当社受託「加入者等数」が150万人を突破しました

日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社(社長 岩田雅之)では、確定拠出年金の受託加入者等数が、150万人を突破いたしました(2008年4月末現在)。
2006年7月末に100万人を突破してから、1年9ヶ月での達成となります。

(注)当社受託加入者等数の内訳は、企業型約140万人、個人型約10万人です。

(注)加入者等数とは、加入者、運用指図者の合計人数です。

少子高齢化の進行や、企業における退職給付債務の顕在化等を背景に、時代の要請として誕生した「確定拠出年金」も法施行から6年半が経過しました。
当社といたしましては、この制度が、企業年金の選択肢の一つとして確実に浸透し、広く国民に普及してきているものと考えており、更なる普及拡大に繋がっていくことを期待しております。

(注)確定拠出年金法は平成13年10月に施行されました。

確定拠出年金の基盤を支える記録関連運営管理機関として、150万人を超える皆様に対する責任を肝に銘じ、今後も引続き事業主・ご加入者等の皆様を始め、関連機関の皆様にご信頼いただけるよう、安全・正確かつ最高品質のサービスを提供すべく、全社一丸となって業務に邁進する所存です。

以上