ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー

採用情報

社員インタビュー

先輩社員へのインタビューです

確定拠出年金制度の加入者、そして高齢化が進む社会へ貢献することがわたしのミッション

業務内容

現在は事務センターにおいて、加入者の給付裁定、及び他の年金制度などから確定拠出年金への移換手続を担当しています。
確定拠出年金は加入者にとって大切な資産の一つです。その為、特に年金等の給付可否を判断する給付裁定は、記録関連運営管理機関の一人として、申請内容や提出いただいた書類を細心の注意を払って確認、決裁し、加入者からの信頼に応える機関であるよう心掛けています。
また、前職で培った金融事務での経験、スキルを活かし事務品質向上やコスト削減など業務改善策の企画・推進を担当しており、ローコストオペレーションを推進することで、結果として確定拠出年金制度への加入者、そして高齢化が進む社会へ貢献することが私のミッションと考えています。

やりがい

当社は確定拠出年金制度の記録関連運営管理機関として、日本の年金制度基盤の一部を担っており、加入者の年金給付における裁定処理など日々の業務においてもその社会的責任を強く意識せざるを得ません。しかしながら、その責任が大きな仕事のやりがいに繋がっていると共に、自分自身も成長できるものと考えています。
また、当社は1999年12月設立の比較的若い会社であり、事務管理部における事務フローを更に改善、あるいは新しい仕組みへと変革していくことができます。その為、前職での経験やスキルを活かして、これから新たな事務フローの構築、またコスト削減や事務効率化といった業務改善策の企画・推進についても自らが希望すれば取組んでいけることも現在のやりがいの一つとなっています。

職場の雰囲気

当社の社員は金融機関出身者やIT企業出身者等、それぞれ他の企業において多様な業務経験を積んできているので、業務の進め方や考え方で時には議論が必要となる場合もありますが、その事が業務を行う上での大きな障壁となる事はありません。むしろ各メンバーの経験や考え方は当社にとって最適な方向を選択する上で非常に重要な要素となっていると思っています。
また、私は年金関連業務は未経験ですが、メンバーには確定拠出年金、及び年金業務の経験者も多く、法令や年金業務など必要な情報はタイムリーに入手でき、各メンバーとのコミュニケーションを通じ、早期に年金業務に関わる知識を習得できる環境にあると思います。

この会社を志望した事由

私は前職で金融機関での事務企画、及び金融事務のオペレーションを担当し、今まで培ってきた経験とスキルを活かして、金融事務における業務改善策の企画・推進を中心に取組みたいと考えておりました。
私は年金関連業務については全くの未経験者ではありましたが、この会社が確定拠出年金加入者の年金を記録・管理する記録関連運営管理機関として、現在の確定拠出年金制度においては必要不可欠な存在であり、自分の仕事にプライドが持てる事。また、金融事務における基本的な考え方やオペレーションのフローについての大きな相違点はなく、今までの経験、スキルを十分に活かす事で、今後の確定拠出年金制度の普及、及びその加入者等の利益に貢献できるものと考えた事がこの会社を志望した事由です。

”システムを育てていく”仕事をしてみたい。それがNRKを希望した理由です。

仕事の内容について

システムソリューション部開発課に所属し、新規開発のプロジェクトの基盤系リーダーを担当しています。

NRKはホストコンピューターを中心にWeb、コールセンター、音声応答、各運用管理機関様とのデータ送受信、事務センターでの入力端末システム等のUNIX系サーバシステム、Windows系のOAシステム等と様々なプラットフォームのシステムが存在します。

開発課は主にシステムアプリケーションの開発を行っており、その組織の中でシステム全体の整合性を確保しながら新規の機能やハードウェア、ソフトウェアの追加等を設計していくことが、開発課の基盤系メンバーの主な業務になります。
今流行の言葉で言えば、アーキテクトと言ったところでしょうか。

やりがいを感じるのは

確定拠出年金という特殊な分野の業務に触れられる面白さがあります。
まだ新しい制度ですので、制度も随時変更され、それに伴いシステムも改修/機能追加されます。日々成長していくシステムに関われる点はとてもやりがいを感じます。
また、NRKシステムはさまざまなプラットフォームで成り立っており、各々チームで分担して設計/開発/テストを実施しています。また、多くのベンダーの技術専門家の方にも参加いただいています。
その専門家集団と協力してシステムを開発/運用できることも大きなやりがいと感じています。

NRKを希望した理由は

ユーザー企業のシステム会社で、”システムを育てていく”仕事をしてみたいと思ったことがきっかけです。
今までシステムベンダーやコンサルタント等の業務を経験し、様々な種類のシステム開発に携わってきました。それらもとても面白い仕事で学ぶことも多かったのですが、そういった経験を更に生かせる仕事を探していたときにNRKを紹介いただきました。
上述のように、様々なプラットフォームを経験できそうなところや、若い会社なので色々なことを試せると考えたこともNRKを希望した理由の一つです。

どのような人がNRKに向いているか

”年金”と聞くと「枯れた技術でゆったりやっている」と思われる方も多いかも知れませんが、1999年の会社設立からすれば、ベンチャーに近い企業でもあります。
また、社員であれば様々な調整を含めたマネジメントや多くの業務内容やプラットフォームに関わる知識の吸収等が必要となり、高いモチベーションが必要です。

また、当社は中途採用者が中心の社員構成から、様々な文化の企業の集合体であるとも言えます。その中では各種調整が必要となるため、”人とコミュニケーションを取るのが好き”な方でなければなかなか仕事が進まないと思います。
逆に様々なことを吸収したいというモチベーションと、人とのコミュニケーションがそれなりにできれば、周囲が十二分にフォローしてくれる会社でもあると感じています。

NRKの強みは

我が社の強みは、確定拠出年金のレコードキーパーとして受託シェアのほぼ50%を有する規模であることと、年金という息の長いシステムを扱っていることから、長期でシステムを考えることができることです。

また、各運営管理機関からコールセンター等の業務を受託しており、業務的なノウハウも蓄積されており、業務とシステムの両面からのノウハウを蓄積していることも我が社の強みかと思います。

確定拠出年金という重要なインフラを担っているので、景気に左右され難く安定的に働ける環境が魅力

あなたの仕事の内容を教えてください

私が所属しているシステムソリューション部管理課では、サーバとメインフレームのシステムが主になりますが、その他にもネットワーク、コールセンターや社内OAといったシステムインフラ全般を担当しています。私自身はメインフレーム担当という事になっていますが、社員も少ないので同僚や協力会社の方に助けられながら、あまり担当には縛られずに様々な経験をさせてもらっています。その結果、業務を通じて幅広く知識を習得できるのが一番の利点だと感じています。

職場の雰囲気は?待遇面は?

ノックの前の深呼吸と少しの度胸があれば、予約なしでも役員室に入って行けるというぐらい風通しの良い社風です。もちろん1人1人の役割や立場が違うので、仕事上軋轢が生じる事もありますが、良い物を作っていこうという思いは一緒なのであまり気にもなりません。
社員に対しては残業時間の削減や有休取得も徹底されている分、就業時間帯の生産性向上を求められます。その他有休とは別に、例えば家族の誕生日等に休暇が取れる記念日休暇という珍しい制度もあります。

どのようなところに魅力を感じましたか?

確定拠出年金という重要な社会インフラを担っているので、景気に左右され難く安定的に働ける環境が魅力です。それこそ加入者の方とは何十年という単位でのお付き合いになりますので、社会的責任も非常に重く、自分自身も加入者の1人ですし、しっかりやろうという気持ちになります。制度自体もまだまだ新しいので、今後の成長を(自分の期待も込めて)大きく見込める会社だと思っています。

休日はどのようにリフレッシュしていますか?

お酒が好きな方には絶好の場所に会社があるので、仕事が終わった後は皆さん良く利用しています。お酒以外にもスポーツやカラオケ等でそれぞれリフレッシュしているようです。私自身は最近キャンプを始めました。以前は外で寝るなんて考えられませんでしたが、キャンプ場で久しぶりに虹を見た時は少しだけ感動しました。